このサイトでは、製菓専門学校に通う上で入学から卒業までに必要になってくる学費について詳しく紹介していきます。
学校によってかかってくる費用に違いはありますが、おおまかな費用というのはどこも大きく差があるわけではないので、学校選びの際は入学金や授業料、施設設備費や教育実習費などをしっかり把握した上で学校を選択していくことが重要になります。
奨学金や特待生制度などのサポート体制が整っているかどうかも学校選びには大切な要素になってきます。

製菓専門学校の学費は?

製菓専門学校の学費は? 製菓専門学校では学科によっても学費は多少異なりますが、入学金が約10万円程度、授業料が年間で約60万円前後が平均的な相場で、施設設備費は約25万円前後、実習費が約30万円前後となっているので、トータルで約125万円程度の学費が必要になってきます。
分割納入の場合は、前期後期に分けて納入することになりますが、入学金の分割納入に関しては基本的に実施していない学校がほとんどです。
製菓専門学校の学費サポートに関しては、特待生であれば1年間で5万円から多ければ50万円程度の免除がある場合もあるので、2年間だと100万円の免除が可能になる場合もあります。
奨学金についてはそれぞれの学校で説明会が開かれているので、事前に確認しておくことが大切です。

洋菓子や和菓子、パンなどをつくる職人になるために製菓専門学校で学ぶ

洋菓子や和菓子、パンなどをつくる職人になるために製菓専門学校で学ぶ 洋菓子や和菓子、パンなどをつくる職人になるためには、製菓専門学校に入学するのがお勧めです。
製菓専門学校は全国に多数あり、それぞれカリキュラムや入学金などが違います。
そのためネットなどで調べたり資料を学校から取り寄せて比較し、自分の夢が確実にかなえられると思える学校を選ぶといいでしょう。
製菓専門学校のほとんどは、洋菓子と和菓子そしてパンのコースが設けられていますので、自分がつくりたい種類のコースを選ぶことになります。
一般的にどのコースを選んでも入学金は一律ですが、教育充実費や実習料などはコースによって違いますので、入学前に確認しておけば安心して学べるでしょう。
入学金は数十万円の学校が多く、これに実習費などが加わり100万円以上の学費になります。
これだけのお金をかけて学びますので、卒業後は就職して好きな菓子を作り将来は自分の店をもったり、有名なパティシエになれるようがんばりたいものです。
製菓専門学校を卒業して就職する先は、和菓子店や洋菓子店はもちろんですが、他にもいろいろな就職先があります。
現場で働くだけではなく職人を育成する学校の先生も、製菓専門学校卒業後の進路のひとつです。
卒業後すぐでなくても現場で経験積んだあとに講師になる人もいます。
どの道に進んでも、生涯好きなものと関わっていく人生は素晴らしいものです。

専門学校に関する情報リンク