製菓専門学校でとれる資格

製菓専門学校でとれる資格 製菓専門学校ではパティシエになるため入学する方が多いですが、パティシエになるためには必ずしも資格が必要不可欠というわけではありません。
しかしせっかく専門学校に入ったら何らかの資格は取得したいですよね。
そこで製菓専門学校で取得できるものをいくつかご紹介します。
パティシエになる上で一番役立つと言われているものは製菓衛生師です。
これはお菓子を作るだけではなく、パンやお菓子を作る上で必要な知識や衛生面の専門知識を持ったエキスパートであることを示すものです。
他には商品開発やフードビジネスに関わるフードコーディネーター3級、調理の業務に携われる調理師免許、食育の指導に携われる食育インストラクター、お菓子のラッピング技術を習得するパティスリーラッピング検定など取得できるものは多岐に渡ります。
そして2年制の専門学校なら卒業と同時に専門士になれますし、在学時に出来るだけ多く取得しておくことをおすすめします。

製菓衛生師の国家資格試験合格率の高い製菓専門学校

製菓衛生師の国家資格試験合格率の高い製菓専門学校 おいしいお菓子を食べる瞬間、人は笑顔になりとても満ち足りた幸せな時間を過ごすことが出来ます。
そんなお菓子が作れるようになりたいと決意し、製菓専門学校への進学を意識し始める方も多くいらっしゃいますが、近年のスイーツブームもあって全国には多くのスクールが誕生しているようです。
ただせっかく高い授業料を払って専門学校へ行くのであれば、様々なジャンルが学べるだけでなく、お菓子作りのプロとして認められた国家資格合格率の高い製菓専門学校を選ぶようにしましょう。
大阪あべのにあるこの専門学校は、講師陣のレベルが高く、きめ細かな指導が受けられるのが最大の魅力で、国家資格試験においても合格率100パーセントという驚異の実績を誇っています。
無駄なく効率的に試験に必要な知識を習得させるべくカリキュラムが組まれているので、スムーズな資格取得が実現できます。
年度ごとに変わる試験傾向対策もばっちりとなっており、卒業生からの評価がとても高いスクールです。